Best Mobile【モバイルルーターの比較・最安値情報】

モバイルルーターの選び方から、比較・最安値情報まで。

【一人暮らし】オススメのネット環境は?お得・快適なWi-Fiを。(光回線・ADSL・モバイルルーター)

   

macbook
<目次>
・ネット環境を整える手段一覧

・ADSLをおすすめしない理由

・光回線をおすすめしない理由

・モバイルルーターをおすすめする理由

・安い!おすすめモバイルルーター

ネット環境を整える手段一覧

一人暮らしのネット環境をとことん安く整えるには、まず手段から考える必要があります。 ネット環境を整える手段は以下の3つです。 ・ADSL ・光回線 ・モバイルルーター それぞれ簡単に説明していきます。

ADSL

adsl
ADSLとは固定電話の回線を利用して、ネット環境を整える方法です。 固定電話を利用の方は、回線工事が不要なので、すぐにネット環境を整えることが出来ます。 固定電話が無い人がADSLを使うと、通信速度が遅く、月額費用も決して安くはないので辞めましょう。 おそらく一人暮らしの方の多くは固定電話をお持ちでないと思うので、ここで詳細は省きます。

光回線

光回線とは、光ファイバーケーブルを使ったブロードバンド回線のことです。 このような↓機械(ルーター)に線を繋いで、ネット環境を整えます。
Wi-Fiルーター
この線からWi-Fiを引っ張ってきて、機械からWi-Fiを発信しているイメージを持ってもらうと分かりやすいです。

モバイルルーター

モバイルルーターとは、外出先でも安い値段でインターネットを楽しむことができるWi-Fi対応端末です。 光回線のルーターや回線を1つの端末に収めているイメージです。
wx02
私は上記の3つ比較した時に、迷わずモバイルルーターをおすすめします。 その理由を以下に記載したいと思います。

ADSLをおすすめ”しない”理由

①固定電話がないと費用が高い、速度が遅い

固定電話がないと↓このような料金体系になります。 月額が5,000円ほどかかります。光回線やモバイルルーターは月額2,500円〜3,000円ぐらいなので、それらと比べると高いことが分かります。
adsl_料金
↓こちらは固定電話がある時の料金体系。 これでようやく光回線やモバイルルーターと同じか少し安いぐらいです。
adsl_料金
そして↓こちらが通信速度。 「下り」が速くても47Mpbsですね。モバイルルーターが機種で異なりますが、110Mpbsの機種が多いので、おおよそ半分以下の速さだと言えます。
adsl_速度
通信速度を見る時は「下り」に注目してください。 「下り」はサイトの読み込みやメールの受信などデータを受け取る時の回線。 「上り」はメールの送信などデータを送る時の回線です。 そしてネットを使う時の通信はほとんど「下り」の回線なので、「下り」に注目すべきです。 上記のように、ADSLは固定電話が無ければ価格が高く、通信速度は遅いです。 そして固定電話があっても価格は光回線・モバイルルーターと変わらず、通信速度は遅いです。

②通信速度が地域によってかなり違う

ADSLはNTT基地局という大きな電柱からネットを引っ張ってきます。 そのためNTT基地局が自宅の近くにあるかどうかで、通信速度がかなり変わってきます。 こちらのNTTのサイトで、NTT収容局から自宅までに発生する伝送損失を調べることができます。 NTT ※伝送損失とは、通信速度が遅くなること。 伝送損失が9db以下の場合はストレス無く、ネットを使うことが可能です。 もし固定電話があり、伝送損失が9db以下であればADSLを候補の1つとして考えても良さそうですが、そのような一人暮らしの方はかなり限られるので、ここではあまりおすすめしていません。

光回線をおすすめ”しない”理由

①工事に手間がかかる

光回線は工事を必要とします。 もしあなたがマンションに住んでいて、光回線を使うとしましょう。 まずは家主さんに光回線を引いても大丈夫か確認します。(ダメと言われたら、その時点で光回線は諦めましょう) その後光回線の業者に頼み、工事日を決めます。 工事まで約2〜3週間の期間を要します。 工事日に1時間ぐらいの工事を経て、ようやく工事は完了です。 そしてあなたの好みで光回線の機械(ルーター)を購入し、接続することでネット環境が整います。 このぐらい光回線は手間がかかるので、一人暮らしの方には本当にストレスです。

②お金がかかる仕組みが複雑で分かりにくい

1.月額費用がバラバラ
最近では光回線でも月額3000円以下のプランがありますが、その月額費用は部屋数によって変動します。 部屋数が多いほうが安くなる仕組みで、部屋数が多いマンションと少ないマンションを比べると月額費用が1000円ぐらい違います。
2.工事費用がバラバラ
そしてそこに工事費がかかってきます。 工事費はマンションの構造によって変動します。
3.プロバイダ料金がバラバラ
プロバイダ料金
光回線はプロバイダというものが別途必要です。 プロバイダとは光回線と家のインターネットを繋げるもので、安いものだと毎月800円程かかります。
プロバイダも様々な企業があるので、あなたに合うものを選ぶ必要があり、企業によって費用は変動します。
このように光回線はマンションの部屋数、マンションの構造、プロバイダの企業によって、価格がバラバラなのです。

③お金がかかるリスクが付きまとう

一人暮らしの方は次にいつ引っ越しを行うか決まっていますか?
もしそれが光回線を契約して1年後だったら大変です。
光回線はその部屋で利用することを前提に工事しているので、もちろん引っ越す場合は解約することになります。
もし部屋数が多くて月額費用が安くても、引っ越しをして解約するとなれば、確実に損をすることになります。
※現在はNTT東日本の場所からNTT東日本の場所に引っ越す場合は、移転料が無料になるそうです。
(例)無料:東京→北海道 有料:東京→大阪 そして光回線の多くは2年契約を基本としているので、解約金が安くて1万円〜2万円ほどかかってきます。
また余談ですが、一人暮らしの方は仕事や学校などで外出していることが多いと思います。
そのため光回線を引いても、実際に家で月額3000円分のネットを利用出来るのか疑問に思います。
私は上記のような理由とモバイルルーターのメリットを考えると、一人暮らしの方にはモバイルルーターが最適だと考えます。
それではモバイルルーターの特徴とメリットを説明していきましょう。

モバイルルーターをおすすめする理由

①簡単に契約

モバイルルーターは早くて、申し込みの翌日から利用可能です。 しかもめんどくさい書類の記載、工事や光回線のように地域によって値段が変わることは一切必要ありません。 契約の際は、2年間の合計費用(初期費用+月額費用×24回)を計算して、安い会社を選びましょう。

②解約リスクが無い

モバイルルーターは持ち運び可能なので、引っ越しなどによる解約のリスクはありません。 一方、ADSLや光回線などは、もしあなたが引っ越すことになれば工事費が必要です。 光回線は、東日本から東日本の地域(ex.東京→埼玉)、もしくは西日本から西日本(ex.京都→大阪)の地域の場合、無料で引越し先に設置することが出来るそうですが、仕事の都合でどこに引っ越すのか分かる人なんて滅多にいません。

③とにかく安い

モバイルルーターはとにかく安いです。 実際にモバイルルーターと光回線を2年という期間で価格を比較してみましょう。 ※両者とも2年契約が基本なので、2年という期間を設定しています。

<光回線>
こちらは光回線の会社の中でも最安値を誇るプランです。

月額:2,950円×24ヶ月

解約金:3,500円(2年使っても解約金がかかります)

プロバイダ料金:800円(最安値のプロバイダ)×24ヶ月

工事費用:15,000円 ルーター:5,000円

合計:113,500円

<モバイルルーター>

こちらはGMOとくとくBBというモバイルルーターを例にあげています。

月額:3,609円×24ヶ月

初期費用:0円

合計:86,616円

このように2年間でなんと約3万円の差がつきます。 モバイルルーターが安いことがお分かりだと思います。

ちなみに、この光回線の会社では工事費用が4000円になるキャンペーンを行っていますが、それでも2万円ほどの差がつきます。 つまりキャンペーンはどこでもやっているので、キャンペーンだからと言って光回線を選ぶのは危険だと言えます。 また一方で、現在、モバイルルーターもキャンペーンを行っており、光回線と比べると、2年の合計金額で6万円も差が付いています。 そのキャンペーンを紹介したいと思います。

安い!おすすめモバイルルーター

GMOとくとくBB


gmoとくとくbb


GMOとくとくBBは現在、32,500円のキャッシュバックを行っております。 そのため光回線と比べると、6万円もお得になります。 ただし、このキャッシュバックキャンペーンは期間限定なので、気になる方はお早めに申し込みましょう。 また、GMOとくとくBBのモバイルルーターは他社と比べても、断然お得です。 以下に比較した表を載せておきます。

GMOとくとくBB Yahooモバイル 他社のWiMAX

月額

3,609円 2,743円 3,696円

端末代

0円 0円 0円

初期費用

0円 0円 0円

その他費用

0円 Yahooプレミアム会員399円/月(6ヶ月無料) ユニバーサルサービス料*3.15円 0円

割引

毎月実質100円引き 32,500円キャッシュバック 無し 無し
通信速度(下り最大) 110Mbps 110Mbps 110Mbps
2年間の総額(概算) 51,716円 75,672円 91,704円


gmoとくとくBB

 - おすすめモバイルルーター比較/最安値, モバイルルーターの基礎知識

  関連記事

WiMAX_W04
W04を最安値で契約する方法。|キャッシュバックキャンペーンを利用すべき?[Speed Wi-Fi NEXT W04]

W04は2017年2月に発売された一番最新の機種です。 そして、この記事ではW0 …

ポケットWi-Fi、モバイルルーターの通信速度・通信制限って、実は重要なんです。

<目次> ・Wi-Fi、ルーターの通信速度について ・通信速度と通信対応エリアの …

電車乗り換え
【まとめ】モバイルルーター乗り換えキャンペーン|他社/機種/WiMAXからWiMAX2+/違約金

この記事では、モバイルルーターの乗り換えキャンペーンに該当するものを全てまとめて …

【WEBデザイナーはお得!】ポケットWi-Fi、モバイルルーター

本記事では、WEBデザイナーにおすすめのポケットWi-Fi・モバイルルーターを知 …

SoftBankロゴ
【オススメしない全理由】SoftBankポケットWiFi(モバイルルーター)は損する?

SoftBankの店頭でポケットWiFiをオススメされたけど、本当に契約していい …

Pocket WiFi 601HW
オススメしない全理由。Pocket WiFi 601HWの口コミ・評判・レビュー[2017年 最新機種]

2017年3月にPocket WiFi 601HWの予約受付が開始します。 業界 …

docomoロゴ
【おすすめしない全理由】docomoモバイルルーター/ポケットWiFiは損?

最近、友人Aとこんな会話をしていました。 事実、携帯キャリア会社でスマホを契約し …

ギガ放題_ヤバイ速
ギガ放題で最安値!モバイルルーター/WiMAXを徹底比較(無制限/使い放題/制限なし)

・ずっと快適に使いたい ・モバイルルーターを頻繁に使用する ・容量が大きいファイ …

Speed Wi-Fi NEXT WX03
販売員が教える。オススメの理由|Speed Wi-Fi NEXT WX03の口コミ・評判・レビュー[WiMAX 2016年 最新機種]

2016年11月よりSpeed Wi-Fi NEXT WX03が発売されることが …

自宅でも使うならコレ!Wi-Fi、モバイルルーター

機種を選ぶ前に。 モバイルルーターは様々な種類がありますが、自宅で利用する場合は …